July 15, 2008

ツタヤでブルーレイ

News-MOVIE
まぁわたしはこの10数年レンタルとかしてないんですけど、どうやら、今回ブルーレイのレンタルがツタヤでスタートするらしく。たしかにHDテレビとPS3持ってたら、同じ映画見るならブルーレイで見たいですし…。
値段もあまり変わらないようです。

販売してるやつって、普通のDVDが3500円とかで買えるのに、ブルーレイになれば1000円ポンと値上がりしちゃうので、そこらへん、ちょっと葛藤してたところなんですよ(笑)
せっかくブルーレイで同じタイトルの映画が発売されているので欲しい VS でもなんか1000円高くて足元見られまくりでなんかクヤシイ、 みたいなそんなかんじです。
おかげで、この半年くらいはDVDもブルーレイディスクも買ってませんし(笑)
linkTSUTAYA、7月19日から全国1,339店舗でBlu-rayレンタル開始 −8月中旬に約100本。DVDと同額か50円高い程度(AV Watch)

投稿者 Watch : 04:58 PM

July 10, 2008

ナルニア国物語 第2章

News-MOVIE
また映画の話ですみません(笑)
や〜ネタはあるんですけど、映画の話が書きやすくって…。

というわけでナルニア国物語 第2章です。まぁそのまんまの続編ですね。

前作、主人公達は、また地球に戻ってきて、今回またナルニアの世界に行くことになるわけなのですが、地球ではちょっとだけの時間だけど、ナルニアの世界では1300年後というすごい話に。

思ったんですけど、主人公達以外は以前お世話になった人がいないので、エーってかんじです(笑)
人によっては、お気に入りのキャラクタとかあると思うんですけど、なんせ1300年後の世界?とからしいので、生きちゃいないよ!というわけでして…。
前作でがんばったナルニア国を支えたのに、ばっさりナルニアって過去の国になってますし。なんといいますか、なんだかすごいバッサリ切られたな〜と、なんとなく思いました。

※と、まぁここらへんは公式ページでも1300年後の世界と書いてますのでストーリーにあまり関係ないし触れてもいいカナと。

ストーリーや話の内容的には楽しかったです。
悲壮感ただようシリアスなストーリー展開と思いつつ、けっこう面白く笑えるところもありましたし。
でもどちらかというと、指輪物語のほうがやや視聴者のターゲット年齢が上なので、そっちのほうがいいかな、とちょっと思いました。
まぁどちらの作品も見てるのでいいんですけどね!(笑)
link公式サイト

ところで人間の王様「ミラース」役の人についてなんですけど、映画館の中では、めっちゃジャンレノに似てたんですよね〜。で、気になったので調べてみたのですが、Sergio Castellittoという方でした。
というか、いま落ち着いて画像なりを見ると、ぜんぜん違う人に見えるしなぁ(笑)
やっぱりカメラの角度とか光の加減とかで、当時は似てるように見えたんですかねぇ〜??
(添付画像の中心にいてる人です)

080710a.jpg

投稿者 Watch : 05:07 PM

July 04, 2008

で、インディージョーンズ。

News-MOVIE
すみません、また映画ネタです。
最近これくらいしか書いてないなぁ…。

というわけで、個人的には、ランボーがイマイチだったので、翌週はインディージョーンズ クリスタル・スカルの王国を見てきました。
わたし自身の「インディーな映画」の印象は、けっこう魔宮の冒険のイメージが強いです。
というかいままで3作品ありましたけど、これ1作しか劇場で見てないんで。
1、3作目は両方ともテレビでしか見てないなぁ〜と。

で、映画な話。
今回もいろいろと冒険ありの、探検ありので面白かったのですが、なんといいますか、けっこう今までの映画のファンを迎え入れる感じが強かったかも。なんというか、帽子の演出が好きだな〜って感じです。
ストーリー的には、けっこうぶっ飛んだものがあってドウダカナーというのもあるんですが、中盤くらいまでは「インディーな映画」といったかんじで楽しめました('∇')


先日のランボーといい、今回インディーといい、以前人気のあった映画の続編というものが多いですよね。
新しい映画も見たいなぁ〜という今日この頃です。

7月はちょっと邦画が多くて洋画はあんまりこれといったタイトルがないなぁといったところ。
ハプニングはなんかちょっと怖いイメージがあって見に行かない予定。
怖い、っていうか、なんかトレーラー見てたらどんどん人死にすぎっていう印象があるんですよねぇ。アンブレイカブルとかと同じ監督らしいんですけど、ミステリアスなだけならいいけど、なんか死にすぎっていうのはどうかな〜と。
というわけで、8月の映画ラッシュ(ハムナプトラとか)に期待ですね〜。
link公式サイト

投稿者 Watch : 11:46 AM

June 30, 2008

ランボー最後の戦場

News-MOVIE
ちょっと前の話になるんですけど、映画のランボー見てきました。
ランボー、映画館ではほとんど見たことなくって、たいていテレビでやってるやつばっかりで(笑)
映画館でランボーみたのはもしかしたら初めてかもしれません。
というか、前作のランボー怒りのアフガンから20年ぶりということですので、まぁわたしも見てません、えぇ。


まぁ、それはさておき見てきました。ランボー「最後の戦場」です。
5月24日に封切りされたみたいです。

ストーリー的には、タイのジャングルで隠遁生活してたランボーにミャンマーへのガイドを依頼しにきて、それを断られて…云々とつづきます。で、結局は助けにいったりとか、圧制を強いている地元の兵隊を倒したりとか、そういうアクションシーンがでてくるといったところです。ストーリー的には、よくあるかんじです。

とりあえず、見て思ったんですけど、けっこう描写がキツメです。
かなり激しく表現されているので、気の弱い方はアウトかもしれません。というか、なんかちょっとわたしも見ててしんどかったです…。ランボーってこんなにキツかったかなぁ〜って映画を見ながら思ってました。ちょうど、プレデターを何の予備知識なく見て、うわ〜〜キツ、とかいう、ああいう感覚です(笑)
そんなわけで、ちょっとわたしとしては評価はキツメです。もう一声〜ってかんじですねぇ。
これなら、まだブルースウィリスのティアーズ オブ ザ サンのほうがまだマシだったかもしれないです。(こっちも微妙なところだと思うんですが)

ところで、「大佐」の人とかは2003年に亡くなられているらしく…。あと従来の作品の音楽を担当した人も。まぁさすがに20年たってますからねぇ。残念です。
link公式サイト

投稿者 Watch : 05:47 PM

March 21, 2008

映画見てきました。バンテージポイント

News-MOVIE
映画みてきました。バンテージポイントです。
3月上旬に封切りになったのかな。

宣伝の文句としては、「米大統領狙撃の瞬間をそれぞれ異なるアングルから目撃した8人。異なる視点(バンテージ・ポイント)から見た8人のストーリーは食い違う。」といったところなんですけど、あまり調べたりせず、映画の予告くらいの上記の情報で映画みにいったんですけど、なんといいますか。

んー、8人のストーリー・・とありますけど、なんといいますか、8人の短編小説みたいなのりで、数時間の間を各人の視点で物語を繰りかえして・・っていったかんじです。なので、1人おわったら、また最初の12:00に戻るんですよね。時間が。で、それ何回か繰り返されちゃうと、なんだか、ちょっと失笑してしまったりで。さすがに2、3回ならいいけど、何回も続くとなかなか見るほうも大変でしょう。

短編集な映画っていえば、トムクルーズのマグノリアとかなんか思い出しそう。

そんなわけで、けっこうカーチェイスもあったりでけっこう面白かったんですけど、ちょっと「ふりだしに戻る」に疲れたかなーといったかんじです(笑)
上映時間も、100分とけっこう短めです。
linkバンテージポイント 公式(Flashサイトです)

投稿者 Watch : 02:50 PM

February 22, 2008

また、映画アメリカン・ギャングスターみてきました

News-MOVIE
昨日に引き続き、どうもです(笑)
というわけで、昨晩もまた映画みてきました。
2月1日から上映されている、アメリカン・ギャングスターという 映画でして。
監督:リドリー・スコット、出演:ラッセル・クロウ/デンゼル・ ワシントン。 個人的には、デンゼル・ワシントンを見に行った、といった感じです、えぇ。 ラッセル・クロウもいいんですが、この映画では、なんというか、 すごく・・・いままでの面影がないです(笑)
LAコンフィデンシャルとか、ディパーテッドとかなんというか クライム系(そんなんあるのかなw)そういう感じで見てました。

・・・。

やー、正直に書きます。
じつは先日みたエリザベスが個人的にいまいちで後味悪かったので (映画が悪いというわけではなくて、これはこれでいい映画なんですが、 ちょっと自分の見るジャンルじゃないな〜というわけなんですよ。)、 違う映画見直そう、というわけでして(笑)

ま、というわけで、デンゼルワシントンのしぶい演技見てきました。
この映画は2時間45分とかなりの長い映画でした。 もちろん、時間の経つのもわすれてドップリみはまってたわけですけれども。 ほんとハマルと時間たつのわすれてしまいますからねぇ。 2時間45分も長いんですけど、いまのところ個人的には 地獄の黙示録の特別完全版(2001年)を超えたものはまだないなぁ・・・。 (たしか3時間20分か30分くらいの長さだったかなと・・)

とりあえず、先日も書いたんですけど、今回も公式サイトの ストーリーもじっくり読まないほうがいいかなと・・。 けっこう盛り上がるところまで書いてありますんで。
link公式サイト

あとは何だろ・・。
そうそう映画見る前に食べたココイチのカレーが熱くて、 ちょっと口やけどしたといったところでしょうか(笑)
映画館で買った飲み物の氷が効くなーと。

投稿者 Watch : 11:57 AM

February 20, 2008

映画見てきました「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

News-MOVIE
何の映画みてきたかといいますと、「エリザベス:ゴールデン・エイジ」です。
映画的には、エリザベスの葛藤とか、そういうとこを写し取った映画みたいになってます。

ちょっと歴史的なストーリーかなと思ってたんですけど、よりエリザベスに踏み込んだ内容だったので、個人的には、ちょっと方向性が違ってました。残念。
でもなんといいますか、全体的に映像がかなり綺麗で芸術的です。芸術的すぎてわからんシーン多いんですけど(笑)

またかなり気になったのはお客さんの入りですね。
他に映画がいろいろ公開されてまして客の取り合いになってるのはよくわかるんですが、2月16日に封切りしたばかりの映画で、平日19時から上映なのに、10〜20人くらいしかいてないというのもどかなと・・・。
むちゃくちゃ興行的に失敗してるんじゃないかと心配してしまいます。

あと、どうでもいいことなんですけど、公式サイトの「ストーリー」の部分は、たぶん映画のストーリーを楽しみにしている人は読まないほうがいいと思います。けっこ〜〜、奥のほうまで書いちゃってますので・・いわゆる浜村淳レベル(笑)
link公式サイト

投稿者 Watch : 02:25 PM

January 29, 2008

映画みてきました−アイ アム レジェンド

News-MOVIE
まぁ映画みてきました、といっても、もう2/1で公開終了してしまうような終わりかけ寸前の映画だったりするわけなんですけどね(笑)

何見てきたかといいますと、ウィルスミスな「アイアム レジェンド」です。
まったく人気(ひとけ)のないニューヨークのシーンがかなり印象的な映画であったりします。かといって、世紀末的なマッドマックスみたいな北斗の拳が出てきそうな、というそんなバイオレンスなものでもありませんし。というわけで、ちょっと安心してみてました。

主演のウィルスミスは、主人公の科学者役です。しかもえらいマッチョ。ゲームに詳しい人ならわかるかもしれませんが、あんたバールのようなものを持ってたら十分やっていけるんじゃない?ってかんじで、科学者な雰囲気がしません(笑) でも許せちゃうんですよね〜。愛犬とのシーンなんかはほろり。

そうなんですけど、ちょっと話の内容が科学的にSFはいってまして。
なぜ自分以外の人類が絶滅したかというと、感染症にかかってしまって人間から別のものに変異してしまったという内容だったんですよね。なんで、あれあれ、またオドロオドロしいヤツとか出てくるんですよ(笑)
(ここまでは公式サイトに書いてあるので、これくらいは書いても大丈夫だと思います。)


まー、やっぱり映画としては迫力あるシーンが必要だという声はあるかとは思うんですけど、個人的には、ちょっと今回のは取って付けたような感じがします。どうしても盛り上げたいのでして入れる、と考えれば、もう一声ほしいかなといったところでした。
あとわたしは今回アクション映画とは思わないで見たので、あんまりドカーンとかなくてよかったんですよねぇ。と、今回の映画へのそういう偏見もあったかもしれません。

あー、もちろん全体通してはおもしろかったです。個人的な評価としてはいいともわるいともいえず、迷いながら書いていますので文章としては読みづらいものになってるかと思います。どうもすみません。

パンフは普通の作りで600円でした。たま〜に公開終了間近の映画だとパンフ売り切れてたりするので(増刷しないでしょうから。ちなみに去年のハリーポッターのときは売り切れてました。)ちょっと心配してたんですけど助かりました。
link公式サイト

投稿者 Watch : 03:22 PM

October 03, 2007

映画見てきました

News-MOVIE
じつは9月は2本映画みてたんですが何も書いてませんでした(汗)

まずはハリポタ見てきました。
ハリポタは一度公開当初に映画館に行ったけどえらい人で変な席しか余ってなかったのでベクシルを見て帰った、という話は以前したとおりです(笑) 今回はもう公開終了直前というだけあって、なんとも楽勝に特等席で映画見てきました。
ハリポタって、まー、普段わたしはSFとかアクション、スリラーばっかり見てるんでちょっと違う雰囲気で見てたりするんですけど、なんといいますか、連続ドラマって感じで(?)見てます。んーなんというか釣りバカみたいなかんじ?って、ぜんぜん感想になってませんが・・・。まー、今回も特にびっくりということでもないんですけど、落ち着いて見られました、といったところでしょうか。

で、先日はオーシャンズ13を見てきました。
個人的には見たいなーと思っていたのですが、なかなか見る都合がつかなかったのと、地元の映画館の上映開始時間とても微妙で(笑)やっぱりこれもタイミングがなかなか合わなかったというところでようやく。
今回もあいかわらずカジノで華麗な泥棒?みたいな感じです。オーシャンズのシリーズは数作続いていますが、いろいろと手が込んできたなーというのが感想です。(ここだけの話でいえば、やっぱり最初(ダッタカナ)の金庫破りのが爽快感ありますねー。)

11月は、ボーン・アイデンティティシリーズの3作目ボーン・アルティメイタムとかも出てくるので楽しみにしてます。
あとはローグ・アサシン、グッド・シェパード、ブレイブ ワン、バイオハザード掘 アイ・アム・レジェンドあたりの作品も気になっています。

投稿者 Watch : 02:45 PM

September 10, 2007

トランスフォーマーみてきました

News-MOVIE
みてきましたといいつつ、2週間くらい前の話なんでちょっとすみませんが・・。

トランスフォーマーといえば、昔なんかテレビでやってたような気がします。がんがん変身するロボットものだったような。別にそれならあんまり見る気はしないのですが、映画のトレーラーなどを見ると、いかにもかっこよさそうなCGで作られた動きがよさそうで、ついつい見てしまいました。
主人公は人間でして、人間の視点から物語がすすんでいきます。

トレーラーで繰り返されたシーンは、ジャキンジャキン!と、音を立てながらヘリなり戦闘機なり車両からロボットに変身するところなのですが、これがなかなか重量感があってみてて楽しい。あと火器類なんですが、電磁波っぽい色のエフェクトした表現と、あと効果音がそれっぽい感じ(意味伝わりにくいとは思うんですが、、こう、SFな武器という雰囲気で)がします。


思えば、数年前(2004年頃らしい)シトロエンのテレビCMで、シトロエンの車がロボットに変形していくというのがあったんですけど、やっぱりこれって、映画を作製していく上でそういう技術ができた&または応用みたいなものがあって、それでネタがてら作っちゃったみたいな感じなのでしょうか?
日本で放送していたものはちょっと見つからなかったのですが、シトロエンのサイトのほうで動画がありましたのでそちらをご紹介。
linkCitroen

の、左にあるリンクメニューの一番下に「DOWNLOAD THE TV ADS」(または「SEE THE TV ADS」)というのがあるで、そこから2種類の動画がダウンロードできます。(サイトがflashで作られているので直接リンクははれないものでして。)

と、おもいっきり映画の話から脱線してしましたが、上記の動画をみてワクワクしてしまった人は見に行ってみてはいかがかなと(笑)
ちなみに、地元の映画館では9月20日までですので、そろそろ上映終了しているところがあるかもしれませんね。
linkトランスフォーマー公式サイト

投稿者 Watch : 02:19 PM

August 24, 2007

映画見てきました

News-MOVIE
と、映画な話題書くのは久しぶりな気もしないではないのですが(笑)、書いてないだけで3ヶ月で4、5回くらいは足を運んでいます。どうもすみません(汗)

さて、映画見てきました。
今回は、ハリーポッター見てきました、、といきたいところなのですが、どうも満席で席がとれませんでした(いつも行ってる映画館は指定席方式なのです)、たぶんレディースディというのが満席の原因のようです。
と、このままスゴスゴと帰ってしまうのも何ですので、何か別のを見てみることにしました。
上映開始時間の近い、、「ベクシル −2077日本鎖国−」を見てきました。
予約カウンターのその場で見る映画を決めてしまったので、ほんと何もよくしらない状態で見たのですが、けっこう面白かったです。まぁベタなストーリーといわれてしまえばそのまんまかもしれませんが、、。

この映画は、トーン(セル?)シェーダーみたいなものを使ったフル3DのSF映画でして、アニメ絵、、よりかはかなり3Dになってます。3D映画といいますと、世間では失敗作といわれているファイナルファンタジーがありますねぇ。あれをゆるくトーンシェーダーかけたような感じです。
映画のパンフを見ると原作となる漫画があるようです。
 ※個人的には、ファイナルファンタジーの映画のタッチとか好きなんですけどね。まぁあの当時は全部3Dという映画ってなかったと思います。(たぶん) わたしも空気感が感じられず見始めたときはかなり違和感感じました。あれから数年経過しまして3Dものの映画はかなり発表されていますし、だいぶ世界変わりましたね)

ストーリーはまぁ普通にソコソコといったところでしょうか。お約束の展開といいますか。
でもなんだか美形キャラばっかりでちょっと違和感がありました。あとは、、なんかすごいマッドマックス(他の方の意見ではデューンという映画があるのですが、わたしは知らないので何ともコメントしようが、、)です(謎 あとヒロインその2が、性格とも重なって非常にララ・クロフトに見えて仕方がありませんでした。

わたしもほとんど知らなかった、ということもありますが、ほとんど映画の宣伝をしていなかったのではないかなと思います。というのもですね。20時上映開始なのですが、見てる人が15人くらいとかなりマバラでして・・。上映15分前に入ったときは、わたし一人しかおらず、このまま一人だけだったら映画の人に申し訳ないな、、とかコッソリ思っていました(笑)

スタッフロールを見たときに思ったのは、全部国内制作というのもありますけどそれ以上におどろいたのはその制作に携わった人の少なさでしょうか。
まぁ3Dだしモデル作ってしまえば後はなんでもなるみたいな感じですけど、スタッフロールの短さを感じて、えらい少人数でできたんだなぁ、、と変なところで関心してしまいました。
linkベクシル 公式サイト

投稿者 Watch : 02:15 PM

April 17, 2007

映画ブラッドダイアモンド見てきました

News-MOVIE
ひさしぶりな映画の話題です。
じつは一ヶ月に1〜2回程度見に行ってたんですけどめんどくさがって記事かいてませんでした・・。すみません。

さて、映画見てきたわけですが、今回はブラッドダイアモンドというわけでディカプリオでした。
監督はエドワード・ズウィック、出演はレオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリーです。
この監督さんなんですが、ラストサムライの監督さんだそうで。あとは戦火の勇気やマーシャル・ローなどの脚本も手がけたそうで、じつは見たことあるなぁ・・といったところです。
さて映画の内容ですが舞台はアフリカ大陸になります。わたし自身まったくといっていいほどアフリカとは無縁な生活を送っているのですが、まぁ映画なので脚色されているといえど火の無いところには煙がナントヤラといったかんじで、ほんとに人口の半分が難民とかそんなおっそろしい自体が映画中に表現されているようなかんじで発生しているのかなぁ・・と思うとびっくりします。(いや、ほんとかどうかわかりませんけど、似たようなものなのかな?けっこう外務省の海外なんとか報告とかのサイトみてても怖いこと書いてありますしねぇ・・・)
そんなわけでして、まぁ役者のみなさんの演技もよかったんですけど自分的にはアフリカの生活を映し出した映画ってほとんど見てなかったので、ほんとにこんなすごいところなん?と思ったりでそっちのほうが印象ありまくりでした。

ちなみにパンフレットは横向きのデザインで600円でした。
linkブラッドダイアモンド公式

投稿者 Watch : 06:07 PM

March 09, 2007

墨攻

News-MOVIE
ひさしぶりなんですが、映画みてきました。
墨攻という中国の映画でして、トレーラーみてたら、なんか、こー、合戦シーンなんかがけっこう盛り上がってそうな気がしまして。
で、先日見てきました。

あんまり中国の歴史には詳しくないのですが、雰囲気が出てていろいろとミドコロあったかと思います。ただ、ちょっと違和感ありましたね。
あとからわかったのですが、どうも、これは日本のコミックが原作らしく、俳優さんは中国の方なのですが、いろいろと日本のスタッフがからんでいるようでして、あぁなるほどなので日本っぽい雰囲気のストーリーって言うか、洋画見てるつもりだけど変な感じがしたのはこれがそうなのか、といったところでしょうか。
あー、いえ、別に作品が悪いとかそういう意味ではなくて、普段洋画をみててちょっとアレっとおもったというか、微妙に違和感あったところがあったので、という程度です。
そんなわけでして、盛り上がりつつ、見せ場もありーので、楽しめました。
link公式サイト

投稿者 Watch : 04:54 PM