September 12, 2008

XG Editor for Cubase 4.5が登場

General
XG といえば、ローランドのGSにすっかり押されてしまった、ヤマハが提唱していた音源の規格だったと思うんですけど、(XG音源とかですね)、そんなXGエディタのXG EditorがCubaseで動作するようになりました。
いままでは単体とか他で動いてたんですよねー。
あと、一昔の他のヤマハの音楽製品についてることがあったんですけど、最近はすっかりなくて。
かくいうわたしもYAMAHAのMU2000という音源(EWIにつなげていろんな音を鳴らすのに使っている音源です。拡張カードを指しているので、これ1台でトランペットやクラリネットはもちろん、ストリングスとか、けっこう厚いを出すことができます。パフォーマンスモードにすることで、4トラックまで音を重ねられます。)を持ってるんですが、まぁこのXG Editorを使えば、その音源の音色はもちろんピッチとかエフェクタなどをお手軽に設定できるな、と。
わたしもMU2000でいろいろと音色を作っているのですが、作った音色のバックアップを取ってないんですよね。音源側でぽちぽち作ったので。そんなわけで、データを吸い出して、保存できるんじゃないかなと(笑)

そんなわけでダウンロードはこちらから
linkXG Editor for Cubase

ん〜、ちゃんとCubase覚えないとだめかなぁ・・。
レコンポーザが身に染みてしまっている身としては〜。

投稿者 Watch : September 12, 2008 01:35 PM