February 12, 2008

ショルキー(鍵盤・Keytar)作りました。

General
ショルキーっていうと、鍵盤をギターみたいにストラップ使って肩からかけられるとかいうやつです。
日本だと広義だとショルキーで通じるんですが、 海外では、Keytarとかいわれてますね。

さて。

前からショルキー欲しいとかいってたんです。
AX-7とかいいなーとか思ってたんですけど、 それより旧機種のAX-1が10万円とかでヤフオクで落ちてるのみて、もうダメだこりゃとか思ってたわけなんです。

まぁでかいし持ち運びも大変だから、もっていなくてもイイヨネ、と 自分をごまかし続けていたわけですが、 ふと目をやればカシオの超コンパクトなMIDIキーボードが 自宅にころがっているじゃあーりませんか。

失敗して買いなおしても6000円くらいだし、まぁイイヤとさっくり分解してみると、とても分解・改造なんでもござれといった具合の部品点数の少なさ&内部の空間のゆとりが。


クリックすると拡大して表示します。

というわけでして・・。
そのミニキーボードに、ギター用のストラップピンを取り付け、ショルキー化してみました(笑)

※ちなみに、楽器の分解・穴アケポイントのマーキングは自分でしたのですが、専用工具を使っての穴アケとビスの取り付けは、 機材を持っている友人に作業してもらいました。ありがとうー。

ここで写真どぞ!

GZ-5は上下にパーツが分かれるのですが、上側に基盤や鍵盤が集中しており、下側には何もありません。
また横にあるスピーカー側にもかなりの空間があります。

ストラップピンは楽器屋で売ってます。値段はピンキリです。
買ったストラップピンは木ネジだったのですが、これだと楽器のプラ部分が負けてしまいますので、ビス止めに変更しています。
緩んできたら、また締めないといけませんが(笑)
あと、3点、ピンを取り付けています。まぁ、これは演奏スタイルによりますが、おそらくは、左横のピンと、前側のピンを使って固定したほうが、立奏中に、鍵盤が前へころがっていくことを防げるかなと考えています。(この表現、文字だとわかりにくいですね(笑))

投稿者 Watch : February 12, 2008 11:12 AM