November 30, 2007

自動チューニング機能なギブソンのレスポール

General
だそうで。

ギターといえば弦楽器でして、6本の弦がはってあります。ギターを持った人が正面に立っていると仮定して、お客さんのところからみれば、下のほうにある細い弦だと高い音、上のほうにある太い弦だと低い音がなります。
で、弦というのは、鍵盤を押せばなるキーボードとちがってけっこうアナログな楽器でして、弦の張り具合で・・例えば強く張ると音が高くなりますし、緩めにすると音が低くなります。
じゃらら〜んと、指のポジションをきっちり合わせた上でギターを鳴らしたとき、音はほとんどあってるけどなんだか微妙な気持ち悪い不協和音みたいななんか変な感じがする・・そんな音聞いたことある人もいてはるかと思いますが、そんなギターはたいていチューニング(調律)がとれていないっていう場合がほとんどです。
まぁ、ギターのチューニングって、音に直接響いてくるので、さぼってるとかなり影響でます。

そんなわけで、ギターのチューニングというのは不可欠・・あたりまえのことなんですけど、今回のこの記事のギターは、このチューニングを自動でやってしまおうというギターだそうです。

071130a.jpg

モチロン普通の弦のピッチを維持する、という機能もあるんですが、たまに低い弦だけ「D」にする、とか、弦6本すべてを1音下げるとか上げるとか、ほんと、ごくたまにそういうことを要求する曲もあるんですが、そういう場合にもギターにとりつけたボタン一つでできるそうで。
こういうのは、普段はギターを2本用意したりとか、チューニングのための時間を用意したりとか、いろいろやってるもんなんですけど。

まー、このシステムが万人に支持される・・・とは思わなくて、おそらくはけっこう色モノギターとして後世に語り継がれることになるとは思うんですけど、まぁ、こういうギターもありますよということで、忘年会のときの話の音楽ネタの一つにでもしてもらえればと。
linkフォトレポート:チューニングはお任せ--ギブソンの「Robot Guitar」(Cnet)

投稿者 Watch : November 30, 2007 01:59 PM