June 26, 2007

シンセサイザーを買ってしまいました

General
突然で何ですけれども、先日YAMAHAのシンセサイザーを買ってしまいました。
じつは以前からちょっとほしいなぁと思ってたんですよね。思ってたけど調べだしたら本格的にほしくなってしまうので調べてなかったのですが、ついついいろいろ調べてしまいました・・。お店とかいって触りだすとかなりほしくなるじゃないですか。そんなわけでついつい買ってしまいました(笑)

買ったシンセサイザーというのは、YAMAHAのMOTIF XSというシリーズのシンセサイザーです。それの76鍵のモデルです。
linkMOTIF XS|製品情報|ヤマハシンセサイザー&ミュージックプロダクション


クリックすると、少しだけ拡大します

88鍵のモデルもあるんですけど、88になると、ピアノタッチのああいう鍵盤になってしまうんですよ。76は軽い、よくあるプラスティックの鍵盤のやつです。鍵盤に関しては電子オルガン育ちなのでこっちのほうが弾きやすくて(笑)

キーボード自身の幅が1270mmがありまして、奥行きが40ほどあります。けっこう大きいんですよね。
わたしの部屋は6畳間なのですが、キーボードはけっこう大きいために部屋のちょっとした模様がえもしまして。
日曜日のお昼にキーボード届いたのはいいけど 模様替えだけで土日が終わってしまって、 この週末にキーボード弾けたのはもう夜遅くの3時間程度だったというオチでした(笑)

で、まぁ買った買ったばかりでは申し訳ないので、下手ですみませんけどそれとなく演奏したものをヘッドフォン端子から録音したものを用意してみました。
4.6MBあります。
link演奏サンプル-4.6MB

まぁわたしキーボードの腕はたいしたことないのでキーボード弾ける人に聞かれてしまうと笑われてしまうかもしれませんけど、まぁそこは笑ってスルーしてもらえれば、と。
打ち込みなしに、「パフォーマンスモード」にして演奏してます。左手と右手の音が分かれてあって、左手でコードをおさえると、押さえて音でリズムに合わせてベースなりの音を乗せてくれるという、なんとも便利な演奏モードを利用しています。
まぁ、なんといいますか最初の曲(007.mp3)で言えば、
フルートの旋律は右手です。
で、左手はコード押さえてるんです。
テンポにあわせてコードを押さえると、勝手にテンポにあわせて&押さえている音を判別して、ベースやアルペジオパターンが再生されるという仕組みです。ですので、まぁわたし自身はたいしたことしてないんです(笑)
ストリングスが8分音符で タラ、タラ、タラ、タラとなってますけど、あれも自動的に生成されたリズムです。まぁ音はわたしが指で押さえてる音になるのですがー。
サンプルには3つの音が入っていますが、いずれも同じ曲を演奏して、手の動きはだいたい同じようなことをしています。でもあらかじめ設定されているパターンでこんだけ違った感じで演奏されますよ、というわけで。

”シンセサイザー”としては初めての楽器購入ということになりますので、 「あの楽器と比べてドウコウ」というふうな論評はできませんけど、 いい音でてますよ、えぇ。
まぁまだかってなんぼも触ってないので、当然まだまだ音色を作れるところまでいってなくて、むしろキーボードに振り回されてる感ありまくりですけども(笑)

投稿者 Watch : June 26, 2007 05:48 PM